虫歯は怖い?歯医者に通う前に知りたい虫歯の仕組み

虫歯は怖い?歯医者に通う前に知りたい虫歯の仕組み

男女

虫歯とは?

食べ物に多く含まれる糖が、ミュータンス菌をより活発化させ、歯垢を自分たちの住処にします。歯垢の中にはおびただしい数のミュータンス菌が生息しており、歯磨きを怠ったり、磨き残しが多かったりすると菌はさらに増えてしまいます。ミュータンス菌が優勢になれば、歯垢の中で歯を溶かす酸も大量に出るでしょう。この酸が骨より硬いエナメル質の歯を溶かすのです。

虫歯の原因

虫歯になりやすい歯は、質、歯石を作りやすい食生活、ミュータンス菌の量、歯のケアなどが関係しています。また、入念に歯磨きをしてるのに虫歯になる人は、唾液の分泌が少ないか、あるいは酸を中和させるのが困難な唾液である可能性があります。

進行度について

虫歯の進行度は、CO~4の段階に別れます。経過観察レベルの虫歯はCOで、歯の表面が白く濁ったようになります。茶色になることもありますが、見た目ではほとんど虫歯だとわかりません。削る必要はないので、そのまま様子見です。C1に関しては、エナメル質がすでに侵されている状態なので、削って詰め物をするケースもあります。しかし歯を削らない方針のところは経過観察になるでしょう。C2からC4の虫歯は放置するとどんどん悪化するので、やがて痛みが出たりしみたりします。炎症が続けば神経の治療になるので、健康な歯より寿命が縮まります。川崎区の歯医者は、神経を残す治療を心掛けているので、歯の寿命を縮めるようなことはないでしょう。

発生を防ぐには?

虫歯になる原因がわかれば、自分がやるべき対策は見えてくるはず。下記でその方法をご紹介します。虫歯になりやすい人は要チェックですよ。

虫歯を作らせない予防方法

間食を辞める

口の中に食べ物を放り込むと、一気に酸性化して歯の表面のカルシウムやリンが溶けてしまいます。ただこの場合は、30分程した時に酸が中和され、溶けだしたカルシウムやリンは歯の表面へ戻ります。しかし、間隔を空けずに物を食べると、カルシウムとリンが戻れなくなり、ずっと酸性のままです。そのため、虫歯ができやすい状況になるのです。飲食の回数は平均で4回、それ以上は多いので飲食の摂り方をもう一度見直してみましょう。

フッ素が入ったケア用品を使う

虫歯を予防するのに最適なのがフッ素です。ドラックストアやスーパーでは、フッ素入り歯磨き粉やジェルが販売されています。酸の発生を抑制する他、再石灰化の促進、歯質の強化が見込めます。川崎区の歯医者でも塗布を行なっているので予防のために受診しましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシを使う

歯と歯の間の隙間に詰まった食べかすを除去する時に効果的なのがデンタルフロスや歯間ブラシです。根本にある汚れの除去が可能で、歯と歯の間に発生する虫歯を予防することが可能です。歯間ブラシも同様の効果が期待できるので、2つ併用すれば虫歯も怖くありません。

ガムを噛む

唾液の分泌が少ないという理由で虫歯になるので、キシリトールガムを噛んで増やすことも大切ですよ。また、キシリトールには、虫歯を予防する効果が期待できるため噛めば噛むほど虫歯が出来にくくなります。

歯の治療でお悩みの方へ

男女

虫歯は怖い?歯医者に通う前に知りたい虫歯の仕組み

健康な歯を虫歯にしないためのケア方法や進行度について記載しています。虫歯治療を検討中の方や、ケアに力を入れたい方は覗いてみてください。

READ MORE
人形と歯

歯医者は虫歯治療だけじゃない!審美歯科もやってます

審美歯科と一般歯科の違いをご存じですか?このページでは審美歯科の特徴について説明しています。ランキングでは、人気の審美歯科治療を紹介しています。

READ MORE
広告募集中